MENU

建設アシストが目指すBPO

  • HOME »
  • 建設アシストが目指すBPO

BPOの活用で建設業の生産性アップし、現場監督が現場に集中できる環境を!

現場監督と言われる彼らの仕事の半分が書類業務。
建設アシストBPOを活用することにより、その書類業務を担うことができれば、現場監督は現場に集中することができる。


人材不足や2024年の働き方改革関連法の適応に建設業もデジタルシフトへと進み、業務生産性アップを確立した手法を持つBPOを活用するニーズは急増。建物づくりの様々な業務プロセスの中、建設アシストBPOはコーディネーターとして新たな業務請負で改善を目指します。

-ノンコア業務をコア業務として向き合い、飛躍的生産性向上を実現-

建設アシストBPOの特徴

建設業に特化する
建設アシストBPOは1950年創業のダイバシティ建築専門工事業者が提供するサービス。
業務プロセスが深く理解し、お客様のニーズに対応できる。

専門知識を持って対応する
建設業の業務経験が長く、知識・スキル・ノウハウを最大限に発揮。

供給人材の育成
任せられた業務に必要なスキルを明確にし、供給する人材を育成して配置。

建設アシストBPO人材育成
トレーニング&キャリアアップ研修 について ≫
リ・アカデミープログラム について ≫

建設アシストBPOのメリット

現場監督が監督業務に集中できる
・書類業務の業務量の軽減
・分業による残業時間の削減

建設現場の生産性をアップ
・業務プロセスの標準化
・品質レベルの確保

社内人材のさらなる有効活用
・指導する手間や労力を削減
・最適な人材配置の実現及び活用

コストパフォーマンスが高い
・人材育成期間や固定費の縮小

働き方改革関連法への適応対策
・人材不足問題や残業時間の削減問題の解消

建設アシストBPOのサービス

・施工計画書・施工要領書作成
・官公庁届出提出書類の作成
・各種書類作成・修正
・写真整理・写真帳作成
・検査記録整理・報告
・議事録作成
・労務・安全衛生に関する管理書類の整理

建設アシストBPOプラス

最大な人材の有効活用のために、建設アシストBPOはロボット活用の取り組みも視野にいれている。
業務上の繰り返しかつ単純な作業を切り離し、ロボットに任せる。働き方改革・残業時間の削減・生産性の向上に向けて最適な業務プロセスを実現。
また、建設アシストが検証・評価・選定したデジタルツールに独自のAIを組込む結果により、さらに、時間の短縮・工数の削減などの効果が期待できる。

業務プロセスの可視化 〉業務プロセスの改善 〉ツールの導入 〉独自のAIの適用 〉運営のフォロー

BPOをRPA+AIで徹底的に自動化し、作業負荷低減とエラー削減。その結果、がすべきことに集中できて、生きがい、やりがいに繋がる。これは建設業界だけの問題ではない。資本主義が飽和し始めている今、今後の新たなコンセプトを作る入り口にある。

企業のご担当者様

企業のご担当者様トップ
事業の背景
建設アシストが目指すBPO
導入のメリット
導入の実績
独自システムを活用した業務効率化
建設現場作業における安全対策
守秘義務のためのセキュリティ対策
請負と派遣の違いについて(参考)
よくあるご相談(企業向け)

PAGETOP
Copyright © KMユナイテッドの建設アシスト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.